アフィリエイト

AdWordsとAdSenseとAdMobについて

投稿日:2017年10月4日


アドワーズ(AdWords)にアドセンス(AdSense)にアドモブ(AdMob)。全てGoogleが提供している広告関連のサービスですが、名前が似すぎててなかなか覚えられない・・・以前までは覚えていたのに・・・という方も多いのではないでしょうか?アフィリエイトを始めようとしている方は初耳の方もいると思いますが、必ず必要となる知識のため、違いや特徴は理解しておいた方がいいです。

アドワーズ(AdWords)とアドセンス(AdSense)の違い

 アドモブ(AdMob)は名前からしてアドネットワークの「Ad」とモバイルの「Mob」でなんとなくモバイル向けの広告サービスかな!?とイメージが湧きます(詳しくは後で説明します)が、アドワーズとアドセンスはちょっとイメージが湧きにくいですね。

 共にAdの部分はアドモブと共通のアドネットワークですが、ワーズ(Words)を直訳すると「語、単語」でセンス(Sense)は「感覚、気持ち」となり、慣れていないとピンと来ない人も多いと思います。類似サービスであれば多少曖昧であったり、意味を履き違えても支障はないかも知れませんが、実はこの2サービスは対極のサービスのため、しっかり違いを理解しておきましょう。

アドワーズ(AdWords)とは

 アドワーズは自社商品やサービスを広めたい広告主がGoogleにお金を払い広告を出稿(掲載)するためのサービスです。検索結果に広告を掲載したり、アドセンス(次に説明します)を利用しているサイトで掲載を依頼している広告と関連性が高い場合、そのサイトに広告が掲載されます。つまり、アフィリエイトを始めようとしている方にとっては、収益の大元となるお客様(広告主)側へ提供されているサービスとなります。もちろん、アフィリエイトを始めようとしている方が、自分のサイトへ集客するために広告を出稿する場合もあります。

 どのような検索をしてきた人に広告を表示するかなどのキーワードを選定し、予算や掲載順位などと合わせて入札します。広告クリック時の遷移先ページの品質が悪い(品質スコア)と掲載順位も下がってしまうため、広告を掲載するだけに留まらず、広告の内容(ページ)の品質にも注意が必要です。

アドセンス(AdSense)とは

 アドセンスは、アフィリエイターなどサイトを運営している人達が広告収入を得るため、自身のサイトに広告を表示させるためのサービスです。Googleから提供されたコード(JavaScript)を埋め込むだけでサイトの内容やサイト閲覧者の特性(どのような情報に興味があるか?など)を基に関連性の高い広告を自動で表示してくれます。そして、クリックされた回数などに応じて報酬が得られます。つまり、アフィリエイトを始めようとしている人がまず登録すべきサービスです。
(上記理由から、当記事の見出し画像はアドセンス(AdSense)にしています。)

AdSenseを使ってみる

 Webサイトを運営しておりアフィリエイトで少しでもお金稼ぎをしたいという人は、まずはAdSenseに登録して自身のサイトに広告を掲載してみましょう。実際に収入を得るには広告を掲載するだけでは十分ではなく、サイトの品質も向上させる必要があります。また、サイトそのものへのアクセス数も増やす必要があり、100円を稼ぐのもそれなりに大変です。ただ、広告を掲載しないことには収入も得られないため、まずはAdSenseに登録して広告を掲載してみましょう。

サービスに登録する

 AdSenseの公式ページにアクセスし、「お申し込みはこちら」のボタンをクリック後に登録したいGoogleアカウントでログインしてくだい。その後に表示される画面で広告を掲載するサイトのURLを入力し、掲載国を選択してから利用規約に同意します。同意後に広告掲載により報酬が発生した場合の支払い先や利用者情報を登録し、SMSで本人確認をします。ここまで終わると最後にサイトのheadタグ内に組み込むJavaScriptのコードが表示されますので、サイドメニューから「外観」→「テーマの編集」を選択し、headタグを構成しているプログラム(header.php)を探してheadタグ内にコードを追加します。

 これで登録は完了ですが、登録すれば誰でも直ぐに利用できる訳ではありません。登録完了後のページにも記載されていますが、上記登録内容を基にGoogle側で審査があります。申請が通る事を願い、3日ほど待ちましょう。

 もしGoogleアカウントをお持ちでない場合は、Googleアカウントの作成ページでGoogleのアカウントを作成してください。GoogleはAdSenseなどの広告関連のサービス以外でもGMailやGoogleAnalytics(サイトの利用状況などを分析するためのサービス)など様々なソリューションを持っているため、お持ちいただく事を強くお勧めします(持っていて損をする事はまずないです)。
※複数のGoogleアカウントでログインしているとエラーになる事があるため、注意してください。その場合は登録したいアカウント以外はログアウトしてから再度アクセスすれば大丈夫です。

 AdSenseからサイト運営者に向けた動画がYoutubeで公開されています。ペーパーレスにすることで自然も守れるしいい事ばかりですね。(言語は英語です)

広告の設定をする

 無事に申請が完了したら、掲載する広告の設定をします。ただ、人によってはここで落とし穴にはまります。サイドメニューの「広告の設定」の中に、「AdMob」と「その他のサービス」の2項目しか無い場合、その対象者になります。AdSense登録前にAdMobに登録していた場合にこのような症状となり、「その他のサービス」内の広告種別の中の「コンテンツ向けAdsenseをはじめる」をクリックしても以下のようなエラーが表示されます。そんな場合はサイドメニューの「お問い合わせ」からGoogleにお問い合わせをするか、AdSenseのヘルプフォーラムからトピックスを立ち上げてください。私の場合、問い合わせしてから利用可能になるまで約2週間掛かりました・・・(AdMobについては最後に説明します)

ご迷惑をおかけいたしまして申し訳ございません。現在、お客様からのリクエストを処理することができません。Google のエンジニアが問題解決に取り組んでおりますので、しばらくお待ちください。

 上記対象者ではない方、または私同様になんとか利用できるようになったら、掲載する広告を作成していきます。まずはページ内の所定の場所に掲載する広告を作成してみます。「広告の設定」→「コンテンツ」→「広告ユニット」と選択していき、画面上部の「新しい広告ユニット」を選択します。次の画面で広告の種類が表示されますので、「テキスト広告とディスプレイ広告」を選択してください。次の画面で広告ユニットの「名前」を設定し、イメージしている「広告サイズ」、「広告タイプ」などを設定して最後に「保存してコードを取得」をクリックします。

 保存後に広告コードのダイアログが表示されますので、その中の広告コードをコピーし、サイトやブログで広告を掲載したい場所にコードを張り付けてください。これで晴れてGoogleAdseseの広告が掲載されるようになります。私のようにAdMobからのアップデートで落とし穴にはまらなければあっというまに導入できますね。

 次に、ページ単位で表示する広告を作成してみます。画面の端に固定されるモバイル広告やモバイル全画面に広告が掲載されるタイプです。「広告の設定」→「コンテンツ」→「ページ単位の広告」と選択していき、表示された画面で利用したい広告フォーマット(「アンカー広告」と「モバイル全画面広告」の2種類)のステータスを有効にし、画面下部にある「コードを取得」をクリックして表示されたコードをページのheadタグ(または、bodyの最上部)に設定すれば完了です。(ワードプレスの場合はheader.php)AdSenseのサービスに登録時に追加したコードと同じなので、既に利用したい画面に追加されていれば別途追加は不要です。

 コードを追加後、画面下部にあるテストを実施(検証ページのURL末尾に「#googleads」を追加)で正しく広告が掲載されるか確認できます。私の場合、アンカー広告だけ有効にして確認したところ、以下のようなメッセージと合わせてアンカー広告が表示されました。

The requested ad might not be shown to real users for the following reason(s):
Page-Level ad format disabled in AdSense Front End.

 これはモバイル全画面広告が無効になっているということなので、正しく設定できているようです。ただ、実機で確認したところ、アンカー広告が表示されていません・・・また何か問題が発生したのか!?と思いましたが、数十分後に表示されるようになりました。もしプレビューでは正常に表示されるにもかかわらず、実際のページでは広告が表示されない、という場合は少し待てば解消されると思います。

 最後に、アドセンスで広告の設定をしようとした時に表示された「アドモブ(AdMob)」について簡単に説明します。

AdMobとは

 AdSenseでPSサイトとモバイルサイトの広告掲載ができるのに、AdMobは必要なの?と感じると思いますが、AdMobはもともとGoogleのサービスではなく2009年にGoogleが他社から買収したサービスになり、その為に別々のサービスとして残っている状態です。AdSenseとの違いは、AdMobはWebサイトではなくスマートフォンアプリ(ホーム画面上で動くアプリケーション)に特化しているという点です。その為、スマートフォンアプリでアフィリエイトを始めようとしている方には必須のサービスですが、Webサイトの運営でアフィリエイトを始めようとしている方であれば、登録の必要はありません。


-アフィリエイト
-, ,

関連記事

独自のブログ(サイト)と無料ブログについて Part1

アフィリエイトを始めようとしている方が一番初めに悩むポイントは、ブログ(サイト)を「独自(オリジナル)」で作成するか、「無料ブログ」で作成するかだと思います。サイト開設1ヶ月後に感じた事でも書きました …

独自のブログ(サイト)と無料ブログについて Part2

Part1では独自、または無料ブログを利用してブログやサイトを公開するまでの作業と費用感について纏めました。Part2ではそれぞれのメリットとデメリットについて纏めます。 目次1 独自ブログの↓デメリ …

アフィリエイト初心者が始めてから1ヶ月経過して感じたこと

このサイトを立ち上げてから1ヶ月半が経過しました。投資、アフィリエイトともにまだ大きな成果は出せていませんが、これまでの振り返りや感じたことをつらつらと書いてみます。 目次1 サイトを開設2 記事の投 …

アフィリエイトの報酬の種類

この記事を閲覧されているということは、アフィリエイトに興味があるか、または始めたばかりの人だと思います。アフィリエイターとして報酬を得られるようになるため、どのようなビジネスなのか?どのような報酬体系 …

検索

プロフィール


管理人の30代サラリーマンの「どん」です。株、FX、アフィリエイトなどの副業で億万長者を目指しいますが、実際は日々損切りをしている弱小トレーダーです。詳しいプロフィールは「こちら」をご覧ください。

初期資金は500万円からスタートし、現在の資産は462万円-37万)。
2017年前半は+200万円と好調だったが、8~9月で-250万円。10月が+55万円で少し復活が、11月で再びマイナスに・・・

◆大事な事:健康、家族
◆趣味:旅行、ジョギング、ゴルフ
◆好きな食べ物:ラーメン、パクチー
◆好きな言葉:笑う門には福来る
◆メイン口座:GMOクリック証券

サイト制作はこちらからお問い合わせください。

カテゴリ

スポンサードリンク
2019年6月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

億万長者を目指す損切り王のお金稼ぎ